2008年02月11日

★ 株の性質

チャレンジ!!へようこそ〜♪



日本銀行は景気のサイクルに合わせて、

金利を調整しています。

金利や景気に影響を受けやすい株や、

受けにくい株がありその性質別に分類する事ができます。



金利敏感株

 金利が低くなると、お金を借りやすくなります。

 又、これまで多額の負債を抱えている企業にとっては、

 返済する利子が減るので大きなメリットになります。

 このように低金利のメリットを受ける業種の株式の事を

 金利敏感株と言います。銀行、証券等の金融株がそれに当たります。



景気循環株

 景気は好景気と不景気を繰り返します。

この景気の波によって、

株価が影響を受けやすいのが景気循環株です。

例えば、景気が悪くなると消費者は商品を買い控えます。 

そうなれば商品を作る会社の業績は悪化します。

逆に景気が良くなれば消費者の購買意欲は増し、

 商品が売れ会社の業績は良くなります。

 このように景気の波に左右される性質がある

鉄鋼、紙パルプ、化学など製品の材料となる業種。

 又、これらの素材を加工して製品化する機械、精密、電気などの

 銘柄が該当します。



非景気循環株

 景気の動向に左右されにくい株の事を

非景気循環株( ディフェンシブ株 )と言います。

例えば、食品や薬品、電力などは生活必需品の為、

消費者の需要は景気にそれほど影響を受けません。

 このような銘柄は、景気後退期にディフェンシブ株として注目され、

 景気循環株などに比べ値動きが相対的によくなる傾向があります。






posted by 柴山銀蔵 at 22:58| Comment(42) | 投資家への道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。