2008年02月11日

★ 株の性質

チャレンジ!!へようこそ〜♪



日本銀行は景気のサイクルに合わせて、

金利を調整しています。

金利や景気に影響を受けやすい株や、

受けにくい株がありその性質別に分類する事ができます。



金利敏感株

 金利が低くなると、お金を借りやすくなります。

 又、これまで多額の負債を抱えている企業にとっては、

 返済する利子が減るので大きなメリットになります。

 このように低金利のメリットを受ける業種の株式の事を

 金利敏感株と言います。銀行、証券等の金融株がそれに当たります。



景気循環株

 景気は好景気と不景気を繰り返します。

この景気の波によって、

株価が影響を受けやすいのが景気循環株です。

例えば、景気が悪くなると消費者は商品を買い控えます。 

そうなれば商品を作る会社の業績は悪化します。

逆に景気が良くなれば消費者の購買意欲は増し、

 商品が売れ会社の業績は良くなります。

 このように景気の波に左右される性質がある

鉄鋼、紙パルプ、化学など製品の材料となる業種。

 又、これらの素材を加工して製品化する機械、精密、電気などの

 銘柄が該当します。



非景気循環株

 景気の動向に左右されにくい株の事を

非景気循環株( ディフェンシブ株 )と言います。

例えば、食品や薬品、電力などは生活必需品の為、

消費者の需要は景気にそれほど影響を受けません。

 このような銘柄は、景気後退期にディフェンシブ株として注目され、

 景気循環株などに比べ値動きが相対的によくなる傾向があります。






posted by 柴山銀蔵 at 22:58| Comment(42) | 投資家への道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月06日

★ 外国人投資家の動向U

チャレンジ!!へようこそ〜♪


不透明感が増す世界経済の為か、

外国人投資家の株式市場からの資金の流失が続いています。

しかし、まだまだ外国人投資家の動向によって

日本の市場は大きく左右されます。

その外国人投資家の動向を知る事ができる情報を

3つお伝えします。





まずは、一つ目。

毎朝の取引開始前に発表される

外国証券の外国人注文状況です

これは、テレビの株式ニュースなどで伝えられています。





次に二つ目。

東京証券取引所が毎週発表している

投資主体別売買動向です。

これで外国人投資家の動きをチェックする事ができます。


 東証のホームページ⇒ http://www.tse.or.jp/



  @ 東証のホームページからマーケット情報をクリック。


  A 統計資料をクリック


  B 投資部門別売買状況をクリック


  C 見たい期間をクリックし開いた画面の左下に

    外国人投資家の売買動向が記載されています。





最後に3つ目。

1番簡単な方法です。

証券会社の担当者に直接聞く事です。


※ネット証券のみの方は1つ目と2つ目で調べてみて下さい。




posted by 柴山銀蔵 at 19:57| Comment(0) | 投資家への道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月04日

★ 外国人投資家の動向

チャレンジ!!へようこそ〜♪


日本の株式市場の動向は外国人投資家によって、

大きく左右されます。

外国人投資家の注文が買い越しであれば、

その日の相場全体の支援材料になる傾向があります。

逆に売り越しであれば、日経平均などの

主要指標が前日比より安くなる事が多い傾向にあります。

つまり外国人持ち株比率の高い銘柄は、

外国人投資家にとっても魅力的な銘柄と

考える事が出来ますし、その動向をチェックすることは

相場を読む上での情報源にもなります。


posted by 柴山銀蔵 at 21:29| Comment(0) | 投資家への道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月03日

★ もうはまだなり、まだはもうなり 

チャレンジ!!へようこそ〜♪


投資の格言で



「 もうはまだなり、まだはもうなり 」



と言う言葉があります。



株に投資をすると、もう底だと思って株を買っても

株価が下がり続けたり、まだ下がるだろうと思っていても、

株価が上昇したりすることがあります。


・ 株価は思い通りに動かない。

 ・ 自分の情報収集が甘い。

 ・ 自分の判断が正確さに欠いている。 


等々と、とらえる事が出来る格言です。


posted by 柴山銀蔵 at 17:42| Comment(0) | 投資家への道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月31日

★ 為替レートと輸出入企業

チャレンジ!!へようこそ〜♪



国内資源の乏しい日本経済は、高付加価値の製品を

作る事で大きく発展した輸出産業中心の国と言えます。

この輸出産業は為替レートによって、その業績が変動する

性質を持っています。

つまり、円安になれば輸出企業は儲かり、

円高になれば収益は減る事になります。

輸出企業が為替レートから大きな影響を受けるのはこの為です。



逆に輸入のみを行う企業や、輸出入を行わない企業もあります。

輸入のみを行う企業の代表格は、燃料となる石油を輸入するだけの

電力会社やガス会社などです。



輸出入、共にほとんど行わないのが建設業、不動産業などです。

これらの企業の株は、内需関連株と呼ばれ円高になると

株価が上昇する傾向にあります。

円高になると株価が上昇する傾向が見られるのは、

輸入コストが下がるうえに輸出関連企業の業績が悪化する為、

内需関連株が相対的によく見えるようになるという面があるからです。

逆に円安時には内需関連株は売られ株価が下落する傾向が強まります。



このように為替レートは輸出入主体の企業によって影響が変わってきます。

日経平均等も大事ですが、今後は為替レートに関するニュースも

関連付けて見ると良いと思います。




posted by 柴山銀蔵 at 21:52| Comment(0) | 投資家への道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月10日

★ 株価と為替

チャレンジ!!へようこそ〜♪



ニュースの中で為替相場 「 1ドル = ○○○円 ○○銭 」

と言う言葉を耳にしたことがあると思います。

一般の人にとって、海外旅行へ行く時以外は、

為替の影響を感じる事はあまりありませんが、

輸出入を行っている企業にとっては、為替レートの変動が

収益に大きな影響をもたらします。





主要企業の下期の想定為替レートは


1ドル 110円〜115円に集中しています。





今は一服感がありますが、更に円高傾向が続けば

自動車、電気などの輸出関連企業の業績に影響を与えます。

為替レートの動きが、企業の業績減益要因になります。





この様に株価と為替は関連付けて考えながら、

より注意深く観察するようにするといいでしょう。





今日、紹介するレポートはFXの入門書になります。

このレポートはFX( 外国為替保証金取引 )を

始めようとしている方々へのレポートです。

FXの基礎知識から、実践するまで

簡単に確実に学べると思います。



FXで億万長者!!マニュアルはこれだけで十分ゼロから始めるFX

こちら⇒ http://tinyurl.com/3yjgpl




posted by 柴山銀蔵 at 13:38| Comment(0) | 投資家への道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月08日

★ シーズンストック

チャレンジ!!へようこそ〜♪


最近、朝起きるのが辛くなり

徐々に冬の季節を感じるようになりました。

今日は季節ものにかけて、シーズンストックに付いて紹介します。





シーズンストックとは、

季節の天候や気温などに売れ行きが、

左右される製品などを扱う銘柄を指します。

夏場に株価が動く傾向があるサマーストックと、

逆に冬場に値動きがあるウインターストックがあります。





シーズンストックは、商品の最盛期の前に株価が上昇し、

最盛期に入ると株価が下落するケースが多い傾向にあります。

つまり、商品の最盛期にその企業の株を買ったのでは、

株価がすでに上がりきり

天井ラインになってしまっている場合が多いです。

ですから、ウインターストックは夏や秋頃には購入し冬に売却する。

逆にサマーストックは、冬や春に購入し夏に売却するのが

基本と言われています。





シーズンストックは流行に影響をするので、

日々の生活の中で情報収集してみると良いかと思います。



posted by 柴山銀蔵 at 20:44| Comment(0) | 投資家への道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月30日

★ 格付け

チャレンジ!!へようこそ〜♪


株価格付けは銘柄を検討する上で、

投資家にとって有益な判断材料となります。

レーティングとも呼ばれています。

証券会社などが行う投資判断の事で、

企業のその時の株価に対して評価をするものです。

割安なのか? 割高なのか? を表すのが一般的です。





只、全ての格付けが予想通りに動くとは限りません。

予想とは異なる動きをする事もあります。



posted by 柴山銀蔵 at 13:47| Comment(0) | 投資家への道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月29日

★ 材料

チャレンジ!!へようこそ〜♪



為替の値動きや企業の決算発表、原油価格の動向など、さまざまな

ニュースに反応して株価は動きます。

このように、株価に影響を与えそうなニュースの事を材料と言います。

しかし、全ての材料が株価に影響を与えるものとは限りません。

言い換えると、既に市場で認知されている材料と

ダイレクトに株価や為替に影響を与える材料があります。





私も色々、苦い経験があります。

これは好材料だと自分で思いこみ、

株やドル、ユーロ等を取引します。

その後、相場は思わぬ方向へ・・・

こんな事が頻繁にありました。



皆さんはどうですか?



このようなミスを無くす為に、

材料となるニュースが発表された時は、

その時点で株価に織り込まれているかとうか

判断する事が大切です。




posted by 柴山銀蔵 at 14:34| Comment(0) | 投資家への道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月27日

★ 買う? 売る? 休む?


チャレンジ!!へようこそ〜♪


サブプライムローン問題、米株大幅続落、円相場大幅高、原油高騰など

市場では不安定な相場が続いています。

今、含み損を抱えている方もいると思います。



短期投資で損切り出来ずにいる方。



相場の流れで含み損を抱えている長期投資の方。



人により状況は変わりますが、損失が大きいと

ストレスが掛かり冷静さを失う人がいます。

冷静な判断が出来ずに、その損失を取り戻そうと

無理なポジションを入れたりして逆に損失が膨らみます。





そういう時は





一旦、投資から離れて全くちがう事をしてください。





テレビを見るなり、趣味に没頭するなり、酒を飲むなり、

とにかく気持ちを切り替えて下さい。

ショックを引きずったまま相場に参加しても失敗します。

こういう時に限って必ず損をします。





以前にメルマガに書いた内容ですが、



投資の格言で



「 休むのも相場 」



と言う言葉があります。



投資家の中には、常に売買をしていないと

気がすまない人がいますが、

取引における行動の選択肢は、

買う、売る、の他にも休むという選択もできます。

あえて相場に参加せずに、様子を見るのも一つの方法だと思います。



posted by 柴山銀蔵 at 20:07| Comment(0) | 投資家への道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。